泣かせるネントレはかわいそう?近所迷惑?実際にやってみて感じたメリット・デメリット

この記事を読んでほしい人

・赤ちゃんがなかなか寝てくれなくて困ってる

・ネントレをやってみたいけど、不安である

・実際にネントレした人の体験談が知りたい

ねるこ

こんにちは!みるくです🐮
このサイトでは、私の体験談をもとに赤ちゃんのねんねトレーニング=ネントレについての様々な疑問についてまとめています💡

赤ちゃんが自分で寝る力をつけるねんねトレーニング=ネントレ。

その中でも「泣かせるネントレ」と言われているのが、ファーバー式のやり方です。

Aさん

「泣かせるネントレ」なんて名前からしてかわいそう…
私にそんなことできるかな?💦

このサイトに辿り着いているママさんは、「絶対にネントレで赤ちゃんを寝かせるようにしたい!」という気持ちの方もいれば、「ネントレ自体にまだ抵抗があってなかなか一歩を踏み出せない…」という方も多いと思います。

子育ての仕方はさまざま。

私も必ずしも全てのママさんがネントレをしなければならないということはないと思っています。

ですが、ママさんたちには、ストレスのない環境で育児に励んでほしい…という気持ちも本音。

というわけで今回は、赤ちゃんのねんねで悩んでいるママさんに少しでも希望を持ってもらいたいという思いで、私の“泣かせる”ネントレ体験談をお伝えしたいと思います!

ねるこ

この記事がママさんの手助けになりますように…✨

TOC

私が泣かせるネントレをやろうと思った理由

私が赤ちゃんのねんねに興味を持ち始めたのは、実は長男を妊娠中のこと。

もともとしっかりと睡眠時間をとらないと体に不調が表れるタイプだったのもあり、「赤ちゃんは寝ないよ〜」と先輩ママに言われてから、赤ちゃんのねんねに関する本などはいくつか購入していました。

ですが、意外と妊娠期間はあっという間に過ぎ去り…本も読みきらないまま気づけば臨月!笑

いろんなママが乗り越えてるんだからなんとかなるだろう!

つわりもそこまでひどくなく、快適な妊娠期間を過ごした私はそんな気持ちで出産に挑みました。

とにかく眠れない新生児期に心身ともに追い詰められ…

しかし、産後待っていたのはやはり眠れない日々…

頻回授乳なので夜中起きるのはしょうがないにしても、生後2週目くらいになると勝手に寝ついていたはずのところ、抱っこでゆらゆらしないと寝ないという状態に!

夜中2〜3時間起きに起きて、授乳して、おむつを替えて、抱っこで寝かしつけ…気が付けば朝。

産前の生活とのギャップに、心身ともに疲労困憊😇

検索履歴には「新生児 寝ない」「赤ちゃん 寝ない」「赤ちゃん いつから寝るようになる」といった文字のオンパレード。

とにかく、とにかくすんなり寝ついて、夜通し寝てほしい…

そんなギリギリの状態で、辿り着いたのがあるインスタグラマーさん(ファッションが好きでフォローしていた方♡)の投稿でした。

生後2ヶ月頃からネントレをして、寝かしつけなしで朝まで寝てくれるようになりました!

私より少し前に出産を経験していたその方の投稿に食いついた私は、藁にもすがる思いで、その方にDM。

教えてもらったのが「泣かせるネントレ」ことファーバー式のネントレでした。

「泣かせる」というのは抵抗あるけど、このままじゃ私がおかしくなってしまう…それこそ我が子に悪影響だ…😭

自分の限界を感じていたこともあり、私は「泣かせるネントレ」をやってみようと決意しました。

泣かせるネントレって一体なに?

「泣かせるネントレ」とは、赤ちゃんが自分で寝る力をつけるねんねトレーニング=ネントレのひとつです。

ネントレには、海外発の“ジーナ式”と“ファーバー式”があり、日本でネントレをしている人たちもだいたいこの2種類。

そして、いわゆる「泣かせるネントレ」と言われているのが、“ファーバー式”のネントレです。

赤ちゃんを寝室に寝かせたらそっと部屋を退出し、泣いていても時間がくるまではそのまま。

時間がきたら赤ちゃんが寝ている寝室に入り、「大丈夫だよ」と安心する言葉をかけてあげ、再び退出。

だんだんと部屋を出ている時間を長くしていくというものです。

具体的なタイムスケジュールを見てみましょう。

泣かせるネントレのタイムスケジュール

泣かせるネントレは、徐々に寝室を出ている時間を長くしていくので、日によってタイムスケジュールが変わってきます。

1日目:3分→5分→7分→7分
2日目:5分→7分→9分→9分
3日目:7分→9分→10分→10分
4日目:10分→10分→10分→10分

→のところで、寝室に入り声かけをしてあげます。

その時間は、2分ほどにおさめ、抱っこなどの行為は禁止です。

トントンしてあげる、手を握ってあげるなどのスキンシップはOK。

赤ちゃんが安心できるように、「大丈夫だよ。1人でもねんねできるよ、ママもいるからね」と優しい声かけをしてあげます。

退出時間はあくまでも目安なので、赤ちゃんの泣き方によって変えても大丈夫です💡

時間は変えても大丈夫ですが、「退出時間を徐々に長くする」というのは、変えないでください。

泣かせるネントレをやる上での注意点

「泣かせるネントレ」をやる上での注意点がひとつだけあります。

それは家族の協力です。

うちの旦那は、子どものことはもちろん大切ですが、それ以上に私の体調のことを気にしてくれるタイプ。

ママがストレスを感じていることが、子どもに一番の悪影響なんじゃないかな?💦

というタイプなので、私がネントレをしてみたいことを伝えると、しっかりと受け入れて協力してくれました。

しかし、友人の旦那さんの場合、ママが頑張ってネントレを始めるも

娘ちゃんがかわいそう!抱っこしてあげよう😢

とネントレ中にも関わらず、抱っこをしてしまったのだとか!

優しいパパかもしれませんが、数日間頑張ってきたママは困惑。

娘ちゃんも数日間頑張って泣いて、1人で眠れる準備をしだしていたのに思わぬ展開にびっくり!

結局、友人は1歳ごろまで抱っこで寝かしつけをすることになっていました。

夫婦間はもちろん、実母・義母など一緒に育児に関わる人とは、ネントレの必要性を充分に伝えて、協力してもらえる環境を作ることがとても大切です💡

生後1ヶ月で泣かせるネントレにチャレンジ!

そんなこんなで生後1ヶ月で「泣かせるネントレ」をやることになった我が家。

ちなみに、ネントレに関する見解には

赤ちゃんのスケジュールが整ってくる3〜4ヶ月から

体がしっかりしてくる生後6ヶ月から

などネントレのスタート時期について様々な仮説があります。

正直、これに関しては本当に気になるようでしたら主治医の先生に聞くのが一番だと思います。

ですが、私が2人の子供を育ててきて、何人もの助産師さんやお医者さんにお話を聞いて思うのは、何に関しても人によって言うことが違う!につきます。

授乳の頻度、ミルクの量、排便について、下痢や風邪の対応について。

本当に人によって意見は様々です。同じ子を診てもらっててもです。

ネントレひとつとっても、この時期に始めるのが絶対に正解!ということはないと思います。

それよりも大事なのは、ママが今、どうしたいか。

だって、生後1ヶ月の今、辛くて寝てほしいのに「生後6ヶ月までは頑張りましょう」なんてひどい話じゃありませんか?😅

産後のママさんは体は事故レベルに負傷している上、精神的にも「人を生かさなければならない」というはじめての大きなプレッシャーに押しつぶされそうになっています。

今、きついのならば、今、ネントレを始めましょう!

私ならそう言います。

私がネントレが成功したから言えるのかもしれないのですが、赤ちゃんも人。

いずれは必ず自分ひとりで寝るし、夜通し寝ます。

それが早いか遅いか、それだけですし、それをママが早くからサポートするか、いつまでも甘やかすかの話だと思います。(もちろん小さいうちは甘やかしてあげたいという気持ちも分かりますし、そういうママさんも素敵だと思っているので、悪しからず!笑)

というわけで、急に前置きが長くなってしまいましたが、私の体験談をどうぞ👏

泣かせるネントレ1日目

生後1ヶ月と記載しましたが、正確な日にちでいうと生後1ヶ月と1週間経った夜。

20時頃にお風呂から上がったら、そのまま寝室へ。

保湿、お着替えを終え、ミルクをあげます。

飲み終わってゲップをさせたらそのままベッドへ…

息子氏はひとりで入眠できずグズリ出しましたが、「大丈夫だよ、ひとりでねんねできるよ〜」と声をかけ、寝室を出ました。

ヒートアップしていく泣き声に胸が痛むが、心を鬼にして…👹

3分経ってからもう一度寝室に戻り、声をかけると安心した様子。

泣き方が少しマシになるも、抱っこしてもらえないのが不満なようで泣き続けます。

再び、優しく「大丈夫だよ。息子氏ならできる。頑張ってねんねしようね〜」と小さい優しい声で諭します。

そして退出…すると、泣き声がさらにヒートアップしました。

やばい、ギャン泣きだ…😱

だけどここで駆けつけてしまったら息子氏の数分の頑張りも無駄になってしまう。。

今度は5分ほど耐えて、寝室に戻りました。

すると、息子氏はギャン泣きに疲れた様子で私が手を握ると安心したのか泣くのをやめました。

そして次の瞬間!

すぅ〜…

なんと、そのまま寝てしまったのです😳

ネントレ、すごい!!!!

そのとき、私が実際に友人ママに送ったLINEがこちら。

泣かせるネントレ2日目

泣かせるネントレ3日目

泣かせるネントレ4日目

泣かせるネントレをやってみて分かったメリット・デメリット

泣かせるネントレのメリット

最初の数日を耐えればすんなりいく!

寝かしつけがなくなったことで、腱鞘炎が治った

とにかくママのストレスが減った

泣かせるネントレのデメリット

泣かせておくことへの罪悪感が湧く

赤ちゃんによっては泣き声が近所迷惑になる可能性も

泣かせるネントレで役立ったグッズ

Let's share this post !

Author of this article

Comments

To comment

TOC